2015年 北澤八幡神社のお祭りで良かったところ

北澤八幡お祭り

だいぶ時間が経ってしまいましたが、今年も北澤八幡神社のお祭りに行ってきたので、お祭りの様子をレビューします。

去年に比べて、いろいろと良くなったという印象で楽しくすごせました。

スポンサーリンク
adsense_336

縁日の地元のお手製感があって良い

お手製の縁日

いか焼き

以前からなのかもしれないですが、縁日のお店にいわゆるプロのテキ屋ぽい人がいないのが特徴ですね。

テキ屋の荒々しい雰囲気も”お祭り”という感じがして悪くないのですが、
地元の人やお店がお手製でお店をやっているというローカルな感じに好感が持てました。

食べ物、飲み物が安い

値段が安い

地元の人たちが良心的な価格設定をしているので、飲み物も食べ物も、他のお祭りから比べるとかなり安かったです。

あまり値段を気にせず、飲んだり食べたりできて楽しかったです。

飲み物

規模、混雑状況がほどよい

北澤八幡の混雑状況

下北沢エリアでは、北澤八幡神社は一番大きな神社ですが、それでも規模としては大きくはなく、わざわざ遠方から足を運ぶというほどの規模感ではないので、人の混雑もそれほどありません。

地元の人が散歩がてら、1時間くらい過ごす、というのに最適ですね。

演芸がキャッチーな感じになった

シモキタ音頭

私たちが神楽殿(神社内にある舞台)で見た出しものは、若いミュージシャンの方が演奏する「シモキタ音頭」でした。

能みたいな伝統芸能も年配の人は良いかもですが、若い人が集まるお祭りなので、こういうキャッチーなのも良かったです。

こちらも参考になります

9/5,6 北澤八幡神社例大祭(2015年) – TOPIC詳細 – ぶらり下北沢

スポンサーリンク
adsense_336
adsense_336
2015年 北澤八幡神社のお祭りで良かったところ
記事をお読みいただきありがとうございます。いいね で更新をお知らせします。

フォローする